コラム|清田区で歯科をお探しの方は清田の森歯科まで

  • 清田区・清田の森歯科・地図
  • 清田区・清田の森歯科・メニュー

子どもがむし歯になりにくい食習慣とは

皆さんこんにちは。

清田の森歯科です。

 

子どものむし歯をしっかりと予防していくためには、オーラルケアだけ頑張っていても不十分といえます。

 

むし歯菌のエサとなる糖質をコントロール」しなければ、むし歯のリスクが上昇するからです。

 

そこで今回は、「子どもがむし歯になりにくい食習慣」についてわかりやすく解説します。

 

子どもは甘いものが大好き

子どもは、お菓子やスイーツなど、甘い物が大好きです。

 

大人がきちんと管理してあげなければ、「過剰に摂取」してしまうことは間違いありません。

 

それではすぐにむし歯になってしまいますよね。

 

ですから、おやつの量や回数は「親御さまが厳密にコントロール」してあげることが大切です。

 

人工甘味料に頼りすぎるのも良くない?

むし歯予防のために糖質の摂取量を制限するのであれば、人工甘味料を活用するのが早いですよね。

 

スクロースなどの糖類と同じように「甘いにもかかわらずむし歯菌のエサにならない」素晴らしい材料です。

 

ただ、発育途上にあるお子さまに関しては、人工甘味料にそこまで頼ることはあまりおすすめできません。

 

発育期には、人工的な甘みよりも食品に含まれる「自然な甘みに慣れ親しむことが大切」だからです。

 

そうして健康的な味覚を育てていきましょう。

 

ダラダラ食べない

私たちのお口は、何か食物を含んだ時点で不潔な状態となります。

 

また、食べている時間が長くなればなるほど、むし歯菌の活動も活発になるので、「ダラダラ食べたり、ちょこちょこ間食したり」するようなことはやめましょう。

 

間食も含めた食事の時間もしっかり管理してあげることが子どものむし歯予防には大切です。

 

まとめ

このように、子どものむし歯を予防するためには、「シュガーコントロール」をしっかり行うことが大切です。

 

食習慣に関してはその他にもいろいろと気を配る点がありますので、気になる方は清田の森歯科までお気軽にご相談ください。

 

どんな疑問にもお答えします。