コラム|清田区で歯科をお探しの方は清田の森歯科まで

  • 清田区・清田の森歯科・地図
  • 清田区・清田の森歯科・メニュー

歯を失う原因の第1位は歯周病?

皆さんこんにちは。

清田の森歯科です。

 

歯というのは、いろいろな原因によって失ってしまうものです。

 

最もわかりやすいのが転んだり、顔に何かが当たったりして歯が抜ける、あるいは欠けるような「外傷」です。

 

それから、重症化したむし歯によっても、歯を失うことがあります。

 

けれども、これらはあくまで歯を失う原因の2位と3位でしかありません。

 

実は、歯を失う原因の第1位というは「歯周病」なのです。

 

歯周病は歯茎や顎の骨が破壊される病気

意外に知らない方も多いかもしれませんが、歯周病というのは単に「歯茎が赤く腫れる」だけの病気ではありません。

 

進行していくにつれ、炎症の範囲が広がり、最終的には「顎の骨まで破壊」されます。

 

私たちの歯は、顎の骨に支持されて機能することができるので、それが破壊されると最終的に抜け落ちます。

 

もしくは抜歯せざるを得なくなります。

 

そこで不思議なのが、「歯が抜けるほど放置してしまう理由」ですよね。

 

歯周病は自覚症状に乏しい

歯周病は、「日本人の成人の8割以上がかかっている」といわれており、国民病としても有名です。

 

かといって、自分の身の回りの8割以上の人が歯周病にかかっているという認識はありませんよね。

 

これは歯周病という病気が「自覚症状に乏しい」傾向にあるからです。

 

そのため、気付いた頃には重症化していることも珍しくないのです。

 

歯周病で歯を失わないために

歯周病が歯を失うことがある怖い病気ということはわかっていただけたかと思います。

 

ただ、軽度の段階で気付いて治療を開始すれば、比較的簡単に治すことができます。

 

そのためには、「歯科医院の定期検診を受ける」のが一番です。

 

当院では、歯周病の予防にも力を入れておりますので、お困りの際はいつでもお気軽にご相談ください。

 

まとめ

このように、日本人が歯を失う原因の第一位は歯周病です。

 

これは紛れもない事実なので、いつまで自分の歯で噛みたい、健康なお口を維持したいという方は、歯周病予防に取り組みましょう。

 

もちろん、今現在歯周病の症状が認められる場合は、すぐにでも治療を始めることをおすすめします。