コラム|清田区で歯科をお探しの方は清田の森歯科まで

  • 清田区・清田の森歯科・地図
  • 清田区・清田の森歯科・メニュー

歯科医が推進する「食育」

皆さんこんにちは。
清田の森歯科です。
 
「食育」という言葉が浸透してずいぶん経ちます。
食事は成長過程にあるお子さんにとって、心と身体を育む大切なものです。
 
ところで、この食育、歯科医も推進していることをご存知ですか?
「食育」の目的のひとつである「生涯を通じておいしく食べる」ということは歯科の目的でもあり、とくにお口の健康から考えられています。
 
今回は、歯科医が考える食育についてお話しいたします。
 

しっかり噛む

 
食べ物をしっかりと噛むことは、さまざまな良い効果をもたらします。
 
噛むことで唾液の分泌が促されるため、むし歯や歯周病のリスクを軽減します。
また、顎や舌の筋肉が発育し、正しい発音の仕方が身に付き、顔の筋肉が発達すると表情が豊かになります。
さらに噛む回数を増やすことで、満腹中枢に刺激が伝わり、食べ過ぎを防ぎます。
ほかにも、噛むことが脳に良い刺激を与えるとも言われています。
 

糖分コントロール

 
糖分はむし歯や歯周病の原因となる最近の養分となります。
そのため、砂糖が多く含まれたお菓子などを食べてばかりいると、細菌のはたらきが活発になり、それだけ病気になるリスクが高くなってしまいます。
 
糖分は炭水化物などにも含まれていますが、成長に必要な糖分まで削ってしまうことは良くありません。
ですので、成長に関係のない甘いお菓子やジュースの量に気をつける、ガムやグミなど歯にくっつきやすく糖分の高いお菓子は控えめにする、などの配慮をしてみましょう。
 

食事の時間を守る

 
普段、歯に付着した歯垢は「中性」の状態です。
飲食などで糖分を摂取すると、むし歯菌が酸を作り出し、歯垢が「酸性」となります。
酸によって歯を溶かすことを「脱灰(だっかい)」と言い、これの脱灰がむし歯の原因となります。
その後、食事の間隔をしっかり空けることで、お口の中は再び中性の状態に戻り、脱灰した歯が唾液に含まれるミネラルなどの働きで修復される「再石灰化」することができます。
 
ですが、ダラダラと食事や間食を続けていると、再石灰化するタイミングがないため、結果的にむし歯になりやすい環境となってしまいます。
食事の時間をきっちりと決めることで、脱灰と再石灰化がバランスよく繰り返され、むし歯再発予防へとつながります。

 

まとめ

 
このように、食育からもお口の健康を維持することができ、ひいてはお子さんの健全な成長へと導きます。
楽しい食事の時間にも、どうか親御さんはこれらのことを頭に入れておいてください。
なにかお子さんのお口で心配なことがあれば、いつでも当院までご相談ください。