コラム|清田区で歯科をお探しの方は清田の森歯科まで

  • 清田区・清田の森歯科・地図
  • 清田区・清田の森歯科・メニュー

親知らずとは一体どんな歯?

皆さんこんにちは。
清田の森歯科です。
 
歯の中で面白い名前が付いている「親知らず」。
皆さんの中には、知らぬ間に生えていたという方も多いかもしれません。
また、親知らずを抜いたという話もよく聞かれるでしょう。
 
この親知らずとは、一体どんな歯なのでしょうか?
今回は親知らずについてご説明いたします。
 

親知らずとは?

 
親知らずは、永久歯の中で最も奥に生える歯のことです。
永久歯は通常15歳前後で生えそろいますが、親知らずは他の永久歯に遅れて10代後半から20代前半ごろに生えてきます。
親に知られることのない年齢で生えてくることから、この名が付いています。
 

親知らずが痛む原因

 
親知らずが痛くなる原因はいくつかあります。
 
親知らずは奥歯のさらに奥に生えるため、歯磨きのしづらい場所に生えています。
その親知らずが斜めに生えてきてしまうと、さらに歯磨きがしづらくなり、むし歯や歯周病になりやすくなります。
 
また、親知らずがまっすぐに生えてこないと、前の歯との間に隙間ができます。
その隙間に汚れが溜まり、細菌が増えて炎症が起きてしまうのです。
この炎症を「智歯周囲炎(ちししゅういえん)」と呼びます。
 
ほかにも、親知らずが生えてくるときに歯ぐきや横の歯が押されることで痛みを感じる場合があります。
この痛みはまっすぐ歯が生えてくればおさまりますが、横向きに生えて第2大臼歯を圧迫すると、歯並びや歯の寿命に影響します。
 

親知らずを抜いたほうがいいケースは?

 
親知らずは最も奥に生えてくる歯のためお手入れが難しく、一度治療をしても再発する可能性が高いのです。
ですので、あえて治療をせずに抜いてしまった方がよい場合があります。
 
また、隣の歯もむし歯になってしまった場合は、親知らずを抜いてしまい、隣のむし歯を治療することもあります。
 
ほかにも、先に述べたように、親知らずがまっすぐ生えていない場合には「智歯周囲炎」などのトラブルが起こりやすくなります。
そのため、親知らずが斜めや横に生えきた場合には抜歯してしまったほうがお口のトラブルを減らすことができます。
 

まとめ

 
このように、親知らずが原因でお口のトラブルが起こる場合があります。
むし歯や歯周病、智歯周囲炎などの炎症が重症化した場合には、「顎骨骨膜炎」や「化膿性リンパ節炎」などの「歯性感染症」にかかってしまうこともあります。

もし親知らずが痛む場合は、このような恐ろしいトラブルにつながる可能性もありますので、早めに歯科医院を受診するようにしましょう。