コラム|清田区で歯科をお探しの方は清田の森歯科まで

  • 清田区・清田の森歯科・地図
  • 清田区・清田の森歯科・メニュー

失った歯を入れ歯で補うことのメリット

皆さんこんにちは。

清田の森歯科です。

 

むし歯や歯周病によって歯を失って、治療を受けずそのままにしている人はいらっしゃいませんか?

 

歯列内の欠損というのは、放置することで「お口の中にいろいろな悪影響が生じる」ことがあります。

 

ですから、入れ歯のような装置で補うことはとても大切です。

 

今回はそんな失った歯を「入れ歯で補うことのメリット」をわかりやすく解説します。

 

見た目が良くなる

口元の審美性は、歯並びや歯の形によって左右されやすいことから、1本でも歯が喪失していると、見た目が極めて悪くなってしまいます。

 

そこで、いろいろな症例に適応できる入れ歯を製作し、装着することがすすめられます。

 

当院ではあれば、歯科技工所と連携して、機能だけではなく「見た目も優れた入れ歯」を作ることができますよ。

 

かみ合わせのバランスが崩れない

歯は、上下の歯がお互い噛み合うことで正常に機能します。

 

また、歯列全体のかみ合わせも正しい状態に保つことができます。

 

ですから、失った歯を放置すると、「かみ合わせのバランスが崩れる」だけではなく、「歯並び自体も徐々に悪く」なっていってしまうのです。

 

入れ歯を装着することで、そうしたトラブルの大半を防止することが可能となります。

 

認知症のリスクが低下する?

実は、奥歯でしっかり噛めることは、「認知症のリスクを低下」させることにも寄与します。

 

これは厚生労働省の調べによっても明らかになっており、たくさんの歯が残っていてしっかり噛める人よりも、歯が少なくてしっかり噛めない人の方が「1.9倍、認知症になりやすい」といえます。

 

つまり、失った歯を入れ歯で補うだけでも、認知症のリスク低下に役立てることができるのです。

 

まとめ

このように、失った歯を入れ歯などの装置で、見た目や機能をしっかり補ってあげることが大切です。

 

そうすることで、顎の筋肉や関節の機能も衰えず、いつまでしっかり噛める口腔環境を手に入れることができますよ。